コラム

節約がつらい。楽しく節約できないのなら、考え方を変えてみる。

昨日、ハリ夫とリビングでくつろいでいると、おこづかいの話になりました。

 

針山家では、それぞれの収入を一つにまとめているため、

一定額のおこづかいを決めています。

節約していたはずなのに、節約になっていなかった

ハリ夫
ハリ夫
今月は飲み会も少なかったし、それほど贅沢していないはずなのにお小遣いが残り少ないんだよね。
ハリ子
ハリ子
確かに、飲み会もそんなになかったし、買い物をたくさんしていたわけでもないよね。
ハリ夫
ハリ夫
そうなんだよね。ハリ子ちゃんはどう?
ハリ子
ハリ子
次の給料日まで2週間あるけど、全部使い切っちゃった。美容室と、家族へのプレゼントで。
ハリ夫
ハリ夫
えっ、そうだったんだ。
ハリ子
ハリ子
うん。だからもう今月はなにも買わないし、お金かけずに作業に集中するよ。

 

お小遣いの決め方。我が家のケース

私は、ハリ夫と私共同の基礎化粧品や、

結婚式の準備で美容関係の出費が多くなること、

カフェでブログを書いたりするのでその費用を考えて3万5000円にしました。

 

ハリ夫は、週1〜2回ほど会社で飲み会があり、その場合は自己負担となるケースが多いです。

将来的には出世することで給与は上がっていくのですが、先輩から

「最初からお小遣いが少ないと、出世しても上げてもらえないぞ。最初から多めにしてもらっておけ!!!」

という助言をもらい、結婚して最初の話し合いで

お小遣いを5万円にしてほしい、と私にお願いしてきました。

 

ハリ夫は無駄遣いはしないということは結婚前から知っていたので、出世のための努力をすることを条件としてOKしました。

男の人にはある程度自由なお金を持っていてもらったほうがいいでしょうし。

 

ただその5万円が、先月のお小遣いの繰り越しも含めて無くなってしまいそうだということ。

原因を2人で考えたところ、ハリ夫が個人的に参加したいと言ったグループワークの参加費で丸々使ってしまったからでした。

 

節約がつらくなったときの解決策。支出は投資という考え方をしてみる。

ハリ夫
ハリ夫
確かに、自分がやりたいって言ったことだけど、これからの仕事に繋がる内容なんだ。だからこれは将来への投資ということで家計費にしてもらえないかな?
ハリ夫
ハリ夫
それに、ハリ子ちゃんの家族へのプレゼントでお小遣いを使い切って、息抜きができないんじゃ意味が無い。家族との交際費として家計から支出して、そのほかの支出も自己投資と思えるものなら家計費にしよう。

 

自分が欲しいと思っても、お小遣いを使い切ってしまっている以上は我慢しないと・・・

と思っていた私にとって、彼のこの提案は完璧主義な私のカチカチの心をやわらかくしてくれました。

 

ハリ夫
ハリ夫
たしかに、これから大事なイベントを控えてるし、将来のために貯金は必要。だから節約しなきゃって思うのはわかるけど、今やりたいことを我慢してまで節約する必要はあるのかな?

 

実際、結婚費用は充分に貯まっていました。

ただ、SNSなどでたくさん貯金している方の情報を見ていると、

自分たちも頑張らなきゃ、財形貯蓄に加えて、さらに貯金をしなきゃと毎日考え抜いていました。

冠婚葬祭や交際費、家具などの大型出費が続いていても頑張らなければ。

会社員であるハリ夫が休日に息抜きできるよう、外食費を捻出しておかなきゃ。

そのためにも、自分が欲しいものを我慢しないと。

 

さまざまな「やらなきゃ」「しなきゃ」でいつの間にか頭が固くなっていたようです。

 

節約はしないといけないものではない。

もともと完璧主義な私。

その上、心配性でかなり慎重です。

結婚費用のことが終わっても、出産や育児にかかる費用のことを考えると、早めに貯金しておかないと!という気持ちでいっぱいでした。

そのため、現在の資産状況をエクセルシートにまとめて、今後の貯蓄計画をハリ夫にも情報共有しています。

その時点で、がんばって節約しないといけない状況ではないというのはわかっていたんですよね。

なのに、SNSやネットで「年収300万円でも100万円貯められました!」とか、「ズボラ主婦でもできる!」という情報を見ると、できてない自分が恥ずかしかったんです。

誰かに「やれ」と言われたわけでもないのに。

 

能天気な家族だと危ないですが、慎重な性格のハリ夫が「がんばらなくていい」と言ってくれたのならいいじゃないか。

結婚したばかりでお金がかかる時期だし、

冠婚葬祭で支出が増えるのに、いつも通りの貯金ができるわけないじゃないか。

 

そう思えると、心が軽くなりました。

 

だから、もし今「節約がつらい」と感じているのなら、本当にそこまで頑張らなきゃいけないのかな?って誰かに相談してほしいです。

家計を切り詰めないと生活が厳しいと思うのなら別ですが、

もしそこまで切羽詰まっているのならこの記事の最後まで読む暇もないんじゃないかなあと思うので。

 

こういうブログを立ち上げるぐらい、お金について毎日考えていて、

「節約は楽しくやらなきゃ意味がない」

なんて言っている私が、いつの間にかこんな状態になってしまったいたので

ハッとさせてくれた夫には感謝です。

だからあなたもどうか自分を責めないで。

 

家計管理ができない夫が読みたいと言った本

実は、この話にはきっかけとなった本があるのです。

私が読んでいた本をテーブルの上に置いて食事の準備をしていると、ハリ夫がそれを手に取り、「これ、俺も読んでみたい。」と私に言ってきました。

お金のことは難しいと思って、家計管理をすべて私に任せているハリ夫。

でも、給与明細に書いてあることくらいは知っておきたい。と思った彼が食い入るように読んでいたのがこちら。

色や図がたくさん使われていて、すごくわかりやすいです!

監修されているのは、子どもの経済教育研究室代表の泉美智子さん。

全国の学校で、お金に関する講習をされていらっしゃいます。

お金とは?という基本から、現代的な仮想通貨まで、

お金に関する内容が網羅されています。

これだけのボリュームがあって1200円は安い!と思い、

書店で平積みされていたものをすぐ手に取りました。

 

一度この本を読んで、一呼吸置いてから改めて家計について考えてみるといいやり方が思い浮かぶかもしれませんね♪